介護食宅配サービスの口コミ人気ランキング
ホームボタン

介護食0001

介護食は食べやすい状態にすることはもちろん、介護する側も介護食を作る負担を軽減するためにも、調理器具を使うことをおすすめします。介護食においてとても重要なポイントは、やわらかさ、舌触りの良さ、そして噛みやすい大きさです。フードプロセッサーは少量の水で食材を細かく刻んだり、ペーストにするなど形状に合わせて使用できるので便利です。それ以外にもマッシャーやすり鉢を使用してより食べやすい形にすることもできます。さらになめらかさが必要な場合には、つぶつぶ感をなくすために裏ごし器を使うのも良いでしょう。介護施設の食事は栄養士がバランスの良い献立を作り、調理師が調理したお料理を提供しておりますが、もし噛んだり飲んだりすることが難しい方に対しては、その方にあった調理方法で調理することが大切です。また各老人ホームによりますが、ミキサーなどの器具を使って作られた流動食ではなく、見た目は普通食のようですが簡単に舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、どんなに噛んだり飲んだりする動作が難しい方でも、食事を味わえる調理方法を老人ホームによっては提供しています。食べることに楽しさが見出せず食べにくさばかりを考えてしまうと、必然と用意するものも簡単なものになってしまうでしょう。そういうときは、すぐに用意できる食品を足して、少量でも効率よく栄養が摂れるように工夫してみましょう。お腹が空いたとあまり感じられないとき、おかゆを食べただけで満足してはいないでしょうか。ごはんに比べるとおかゆは水分が多いので、一杯くらいでは、同量のごはんを食べた時のエネルギーには到底及びません。もしもおかゆを食べるのであれば、他にもいくつか栄養のある食材を食べることで、足りないエネルギーと栄養を補っていきましょう。年齢の変化や病気によって食べる機能は低下します。介護食は食事が思うようにできない方のための食事ですが、ひとりひとり機能の程度は違います。安全で安心して食事をするための目安の指標としてレベルごとに分けられているのが介護食です。どの程度食べる動作が困難かによって嚥下食ピラミッドをわかりやすく普通食から嚥下食まで6つに分け、食べる力がどの程度かに合わせて、食物の形や柔らかさなどを同じにすることで病院や施設だけでなく家庭でも問題なく食事を行うためにとても役立つ指標です。病院食に見られる特徴は、料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、美味しさもその見た目もあまり良いものではありませんでした。入院中のお年寄りのごはんがスムーズに行かなかったのは咀嚼が困難なためではなく、食欲をそそるような見た目・味ではなかったことによるものなので、自宅で食事の用意をするときは、病院食のような見た目も味も悪い食事は出さないと決めました。入院先の病院で摂食嚥下障害に関して特に詳しい看護師さんに自宅での介護食の用意の仕方について質問してみたら、食べやすい形状のものであれば何でも食べられると教わりました。介護食を小分けにして冷凍保存しておけばその都度用意する必要がなくなると気づきました。最近、高齢者ではフレイル(虚弱)という概念が注目されています。フレイルとは、体重の減少・疲れやすさ・歩く速さや筋力の低下などがみられ、このままでは要介護の状態になる恐れが十分にある状態のことです。このフレイルという状態から、筋力が衰えてしまう「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉の障害により歩くことや座ったりなどの日々の生活がままならなくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、さらに悪化すると寝たきりの状態につながることが知られています。この「負の連鎖」の原因となるのが低栄養なのです。年齢とともに顔の筋肉が下がってきたり歯がもろくなってくると、 飲み込む力(嚥下力)や噛む力(咀嚼力)が衰えてきます。昔からよく食べていたものをうまく食べることができず、飲み込むたびにむせるようになり、気管に食べ物が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまう恐れもあります。その他お年寄りにみられる特徴として、若い頃よりも食欲がなくなるため、なるだけ食べやすいものを食べてしまいがちになったり、あまり多くの量を食べなくなり栄養不足になっていることがあります。加齢や怪我そして病気などによって、固いものがうまく食べられない、水気のあるものが飲み込みにくいといった問題が出てきます。どんな状況においても楽しく食事ができるように介護用食品は、食べやすさを第一に考えて作られた商品や、少量でも必要な栄養を摂取できる商品などがあります。介護をする方にとって、食べやすい食事を準備するのは大変です。介護のための食品は、心休まる瞬間を作る手助けになったり、日々頭を埋め尽くす献立の問題も解消できるかもしれません。介護をする側もされる側も、みんなが幸せになれる介護用の食品を活用することを強くおすすめします。怪我や病気に負けない体を作るためにカロリーを、骨格筋の動きの良さを保つために良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材を食べるようにしましょう。例えば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多く含まれている食材なので、肉や魚が苦手な人は、その代わりに卵や豆腐を食べることでタンパク質を十分に摂取することができます。そして肉や魚から摂取できる動物性たんぱく質にはさまざまなアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが入っているため、毎日食べる食品の種類が多ければ多いほど、年齢を重ねても衰えることなく、その上より長く人生を謳歌できるといいます。介護食の見た目は、食べたいという気持ちを出すためにとても重要なことです。食事のし易さに重きを置きすぎて、見た目や味付けが悪いと、食べたいという気持ちがなくなってしまいます。食べる動作に無理は生じないか、飲み込みやすいかなど安全に食べられるように配慮します。年齢とともに唾液も作られにくくなるため、口に食べ物を運んだ時、水分を吸収してしまう食べ物は食べにくいです。とはいえ水分が多く含まれていると、むせてしまう可能性が高くなるので、食べやすい材料を使って、食べやすい形に作り変えます。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 介護食宅配サービスの口コミ人気ランキング All Rights Reserved.