介護食も美味しそうな見た目のものが好まれる || 介護施設の食事は栄養士がバランスの良い献立を作り、調理担当が作ったお料理を用意し

介護食宅配についての詳細情報が欲しいのなら、介護食宅配に関してご紹介している当サイトを見てみると良いですよ!あなたが知らなかった介護食宅配の情報を、どんなウェブページよりも簡単に閲覧することができます。

介護食宅配サービスの口コミ人気ランキング

↑ページの先頭へ
枠上

介護食も美味しそうな見た目のものが好まれる

介護施設の食事は栄養士がバランスの良い献立を作り、調理担当が作ったお料理を用意していますが、特に食べるのが困難な方に対しては、その方にあった調理方法で調理することが大切です。



老人ホームによっては、ミキサーなどの器具を使って作られた流動食ではなく、「ソフト食」と呼ばれる、食べ物の形もはっきりとしてなおかつ舌で簡単に押しつぶせる料理があり、たとえ飲み込みや噛む機能が低下したかたでも、いかに美味しく食べられるかをことを考慮した調理方法を教えてくれる老人ホームもあります。

歳を重ねること、そして怪我や病気をするこが原因で、固いものの食べづらさや水分が飲みこみづらいといった食事の悩みが出てきます。

介護用食品はいつまでも食事を楽しんでもらう為に、食べやすさを第一に考えて作られた商品や、少ない量で十分な栄養が取れる商品などが用意されています。家庭で介護食を作ることは決して容易なことではありません。介護用食品があれば、気持ちに少しゆとりができたり、食べやすい料理をつくる手間も省けます。介護を受ける方もその家族も、どちらにとってもありがたい介護食品をぜひ使ってみてはいかがでしょうか。完成された料理をそのままペースト状にして出すことが病院では一般的で、見た目、美味しさのどちらを取っても満足いくものではありませんでした。入院中の高齢者の方の食事が進まなかったのは噛めないのではなく、その原因のほとんどが見た目の悪さや味の悪さなので、自宅で食事の用意をするときは、病院食のような見た目も味も悪い食事は作らないと決意しました。

病院で摂食嚥下障害を専門に診ている看護師さん自宅に戻ってからどのような介護食を用意すれば良いかと伺ったら、『柔らかければ何でもいいですよ』とだけ言われました。

三食を小分けにして冷凍庫で保存しておくと用意に時間がかからなくなります。



介護食も普通食に対してと同様に、美味しそうな見た目のものが好まれます。飲み込みやすさや食べやすさを重視しすぎて、味はもちろんのこと見た目が悪くても、食に対する意欲が薄れてしまいます。食べ物がひとまとまりになりやすいか、飲み込みやすいかなど安全に食べられるように配慮します。

年齢とともに唾液も作られにくくなるため、口に食べ物を運んだ時、水分を吸収してしまう食べ物は食べにくいです。逆に水分が多くても、むせ込みの原因にもなるので、食べやすい食材を使用し、食べやすい形状に加工します。



食べる力は加齢や病気によって衰えます。
食べる力が衰えてしまった方のために介護食は提供されていますが、人それぞれ機能の程度は異なります。
安全で安心して食事をするための目安の指標として介護食は全ての方に合わせてレベルが分けられています。

嚥下食ピラミッドは食べる動作がどの程度困難かによって普通食から嚥下食まで異なる6つのレベルに分け、各レベルに食物の形態や、やわらかさなどの条件を基準化することで、家庭でも病院や施設と同じように安全な食事を用意するために、とてもわかりやすく使いやすい指標です。

年齢とともに顔の筋肉が下がってきたり歯がもろくなってくると、 飲み込む力(嚥下力)や噛む力(咀嚼力)が衰えてきます。
これまでと同じ食べ物をうまく食べることができず、飲み込むときにしばしば喉につかえて咳き込んでしまい、「誤嚥性肺炎」という食べ物が誤って気管に入ってしまったことが原因でなる病気になってしまう可能性もあります。他には、ほとんどのお年寄りは食べることに対する興味が若い頃に比べてなくなるため、やわらかい食材など食べられる物が限られたり、そもそもの食べる量が少なくなったりして栄養バランスが崩れてしまっていることがあります。年齢を感じさせない体力と健康を維持するためにカロリーを、 いつまでも体を活発に動かせるように良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材を食べるようにしましょう。例えば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多く含まれている食材なので、もし肉や魚がうまく食べられない人は、卵や豆腐でたんぱく質を摂ってください。
たんぱく質を摂るためによく知られている肉や魚には、卵や豆腐とはまた違うアミノ酸やビタミン・ミネラルなどが含まれており、たくさんの品目を毎日食べている人は、歳を取っても活動範囲が狭まることもなく、いつまでも健康でいられるそうです。
介護食は食べやすい形にすることがとても大事ですが、また、身の回りの世話をする方の食事の用意の負担をできるだけ少なくするためにも、調理器具があると便利です。介護食の特徴は柔らかく、口に入れたときに困難なく噛める大きさ、そして食感です。
たとえ水が少なくてもフードプロセッサーを使えば食材を刻んだり、ペーストにするなど形状に合わせて使用できるので便利です。その他にもマッシャーやすり鉢を使って食べにくいものを調理することも可能です。さらになめらかさが必要な場合には、裏ごし器使うことによってそれは解消されます。



食事を純粋に楽しめなくなってしまうと、どうしても簡単なメニューですませてしまいがちに。

そういった場合は、今ある食材をプラスするなど、少しの量でもバランスよく栄養を摂取できる食事を常に意識すると良いでしょう。食欲がないとき、おかゆを食べただけで満足してはいないでしょうか。

おかゆを作るとき、ごはんより多く水を使うので、一杯くらいでは、同量のごはんを食べた時のエネルギーには到底及びません。
なのでおかゆだけを食べるのではなく、ほかの食材も摂るようにすることで、不足しているカロリーと栄養をきちんと補ってあげましょう。

最近、高齢者の間で注目されていますフレイル(虚弱)とは一体なんでしょうか。


フレイルとは、体重が落ちたり歩いてもすぐ疲れてしまうといった様子がみられ、このままでは要介護の状態になる状況が近い将来訪れる可能性が高いことをいいます。

フレイルの状態から、筋肉量の低下「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の障害により歩行や座ったりなどの日常生活が難しくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、最悪の場合起き上がることさえ困難な状態につながることが知られています。この「負の連鎖」の原因となるのが低栄養なのです。
枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 介護食宅配サービスの口コミ人気ランキング All rights reserved.