高齢者の食事中に起こるむせは、誤嚥(ごえん)性肺炎につながることが心配されます || 加齢や病気・怪我などにより、固いものが食べづらい、水分が飲みこみづらいといった食

介護食宅配についての詳細情報が欲しいのなら、介護食宅配に関してご紹介している当サイトを見てみると良いですよ!あなたが知らなかった介護食宅配の情報を、どんなウェブページよりも簡単に閲覧することができます。

介護食宅配サービスの口コミ人気ランキング

↑ページの先頭へ
枠上

高齢者の食事中に起こるむせは、誤嚥(ごえん)性肺炎につながることが心配されます

加齢や病気・怪我などにより、固いものが食べづらい、水分が飲みこみづらいといった食事の悩みが出てきます。



介護用の食品には食事に対するどんな悩みでも解消できるように、どれだけ簡単に食べられるかを考えられた商品や、少ない量で不足している栄養を補える商品などがあります。

ご自宅で介護食を作ることは、介護をする側にとってとても負担が大きいです。


介護のための食品は、心休まる瞬間を作る手助けになったり、何を作るか頭を悩ませる必要もなくなります。

介護を受ける側も、手助けをする側も、どちらにも嬉しい介護食品を活用してみてください。食べることが苦痛に感じられるようになってしまうと、どうしても簡単なメニューですませてしまいがちに。


そうした場合は、手間のかからない食べ物を加えるなど、たくさん食べられなくても栄養バランスのとれた食事をすることがとても大事です。


あまり気分が乗らないとき、おかゆだけを口にして終わらせてしまってはいないでしょうか。おかゆはごはんより多くの水で作られているので、茶碗一杯分のエネルギーは、ごはんと比べてなんと半分以下しかありません。
ですからただおかゆを食べるだけではだめで、それ以外に栄養のあるものを加えるようにして、その日に必要なエネルギーや栄養を足すことを心がけましょう。


老人ホームの食事は栄養士が栄養管理した献立を作り、丁寧に調理されたものを出していますが、特に食べるのが困難な方に対しては、その方にあった調理方法で調理することが大切です。
また各老人ホームによりますが、どんな食材かわからないほど細かく刻まれた食事ではなく、見た目は普通食のようですが簡単に舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、どんなに噛んだり飲んだりする動作が難しい方でも、どれだけ食べ物を味わって食べられるかに焦点を当てた調理法を助言してくれる介護施設もあります。病院食は完成品を丸ごとミキサーにかけた流動食が中心で、見た目も味も美味しいと感じられないものでした。



高齢の患者さんの食事がスムーズに行かなかったのは咀嚼が困難なためではなく、その原因のほとんどが見た目の悪さや味の悪さなので、家で食事を用意する際は病院食と同じ類のごはんは出さないと心に誓いました。

入院先で摂食嚥下障害専門の看護師さんに退院した後の食事について伺ったら、柔らかいものであれば何でも好きなものを食べても良いと言われました。介護食を毎食ごとに冷凍しておくと食事準備に手間取らないと分かりました。最近、高齢者ではフレイル(虚弱)という概念が注目されています。



フレイルとは、体重が落ちたり歩いてもすぐ疲れてしまうといった様子がみられ、どんどん悪化し続けてしまうと介護が必要になるであろう状態のことをいいます。


そしてフレイルの状態から、筋力衰えてしまうようすを指す「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の障害により歩行や日常の生活を送る上で大変な問題を起こす「ロコモティブシンドローム」、さらには寝たきりの状態に繋がってしまいます。この「負の連鎖」の原因となるのが低栄養なのです。

体力、そして抵抗力のなさを感じない体を保つためにエネルギーを、元気に動ける骨格筋を保つために質の良いタンパク質を摂ることを心がけましょう。そして良質なたんぱく質として真っ先に挙げられるのは卵と豆腐ですので、肉や魚が食べにくい人は、たんぱく質を摂るために、卵や豆腐を食べることをおすすめします。卵や豆腐とはまた違って、肉や魚などの動物性たんぱく質にはアミノ酸やビタミン・ミネラルなどが含まれており、多くの食材を毎日取っている人はそうでない人と比べて歳を取っても活発に活動ができ、その上より長く人生を謳歌できるといいます。
口にしやすい介護食を作るため、そして介護する側も介護食を作る負担を軽減するためにも、それ専用の調理器具は必要不可欠です。
介護食の特徴は柔らかく、口に入れたときに困難なく噛める大きさ、そして食感です。フードプロセッサーは少ない水の量で食材を細かく切ったり、ペーストにするなど形状に合わせて使用できるので便利です。マッシャーやすり鉢で食べにくいものをつぶすことができます。

さらになめらかさが必要な場合には、裏ごし器を使うと粒粒感がなくなります。歳をとることでだんだんと顔まわりの筋力が落ちてきたり歯が丈夫でなくなったりすると、飲み込んだり噛むことも満足にできなくなっていきます。若い頃平気で食べていたものをうまく食べることができず、飲み込むたびにむせるようになり、「誤嚥性肺炎」という食べ物が誤って気管に入ってしまったことが原因でなる病気になってしまう可能性もあります。



その他お年寄りにみられる特徴として、若い頃よりも食欲がなくなるため、なるだけ食べやすいものを食べてしまいがちになったり、食事量自体が減ってしまい栄養が偏った状態になっている恐れがあります。

介護食の見た目で食欲が出るか、なくなるかは変わってきます。飲み込みやすさや食べやすさを重視しすぎて、見栄えも味も悪くなってしまうと、食に対する意欲が薄れてしまいます。食べる動作に無理は生じないか、喉を通りやすいかなど安心して食べられるように考えられています。高齢者は唾液が分泌されにくくなるため、食べた時に口の中がからからになってしまうようなものは食べにくいです。

そうは言ってもむせ込みの原因として水分の多さも挙げられるので、食べやすい材料を使って、食べやすい形に作り変えます。

年齢の変化や病気によってそれまでのように食事ができなくなります。


介護食は食べる機能が低下した方に提供する食事ですが、食べる力は人によって異なります。不安がなく食事をするための目標の手掛かりとして介護食はレベル別になっています。嚥下食ピラミッドは食べ物を口に入れてから飲む込むまでの難しさの程度によってわかりやすく普通食から嚥下食まで6つに分け、各段階に合わせてそれぞれ食物の形や柔らかさなどを統一することで、病院や施設に行くのが難しい方でもご家庭で安全な食事を用意するために、とてもわかりやすく使いやすい指標です。

枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 介護食宅配サービスの口コミ人気ランキング All rights reserved.