高齢者ではフレイル(虚弱)という概念が注目されています || 最近、高齢者ではフレイル(虚弱)という概念が注目されています。 フレイ

介護食宅配についての詳細情報が欲しいのなら、介護食宅配に関してご紹介している当サイトを見てみると良いですよ!あなたが知らなかった介護食宅配の情報を、どんなウェブページよりも簡単に閲覧することができます。

介護食宅配サービスの口コミ人気ランキング

↑ページの先頭へ
枠上

高齢者ではフレイル(虚弱)という概念が注目されています

最近、高齢者ではフレイル(虚弱)という概念が注目されています。


フレイルとは昔に比べて思うように体を動かせなくなったり体重が落ちてしまったりなどと、このままでは要介護の状態になる恐れが十分にある状態のことです。



フレイルの状態から、筋肉量の低下「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉などの衰えが原因となって歩くことや日常のあらゆる行動において支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、そしてさらには起き上がるのも厳しい状態につながるとされています。



そして低栄養こそ、これまでに説明した悪い状態の全ての原因なのです。年齢、そして怪我や病気が原因で固いものが食べにくい、水分が飲みこみづらいといった食事の悩みが出てきます。
介護用の食品には食事に対するどんな悩みでも解消できるように、どれだけ食べやすいかに焦点を当てた商品や、少ない量で十分な栄養が取れる商品などが用意されています。
ご自宅で介護食を作ることは、介護をする側にとってとても負担が大きいです。介護用食品で、毎日にゆとりが生まれたり、献立の悩みを解消できたりします。

介護を受ける方もその家族も、みんなが幸せになれる介護用の食品を活用することを強くおすすめします。

介護食の見た目は、食べたいという気持ちを出すためにとても重要なことです。


飲み込みやすさや食べやすさを重視しすぎて、見た目や味付けが悪いと、食欲は無くなってしまいます。


食べる動作に無理は生じないか、飲み込むときに無理はないかなどに注意深く気を使っています。
年齢とともに口の中で作られる唾液の量は減ってくるため、口に入れたときに、水分を吸収してしまうような食べ物は食べるのが大変です。

一方で水分が多すぎても、むせこみやすくなってしまうので、口にしやすい材料を使って、食事に無理のない形状に作り変えます。高齢者のための施設での食事は栄養士が必要な栄養素を考慮したメニューを作り、調理担当が作ったお料理を用意していますが、うまく嚥下や咀嚼ができない方の場合は、その方にあった調理方法で調理することが大切です。



場所によっては、もとからなめらかになっている食事ではなく、見た目は普通食のようですが簡単に舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、思うように噛んだり飲んだりすることが困難な方でも、食事を味わえる調理方法を提案してくれる介護施設も容易に見つけられるでしょう。口にしやすい介護食を作るため、そして介護する側も食事を用意する負担を減らすためにも、それを作るための器具はとても役に立ちます。介護食にみられる大事な点は、やわらかさ、口に入れたときに困難なく噛める大きさ、そして食感です。



フードプロセッサーは水分が少量でも食材を刻む、すりつぶした状態にするなど必要な用途に合わせて使えるので役に立ちます。また食べにくいものを潰すためにマッシャーやすり鉢を使うこともできます。
そしてさらに口当たりを良くしたいときには、裏ごし器を使ってより舌触りをよくすることをおすすめします。
加齢にともない顔まわりの筋肉が衰えたり歯が弱くなったりすると、ものを噛んだり飲んだりする力がなくなっていきます。昔からよく食べていたものを簡単に食べられなくなり、飲み込むたびにむせるようになり、最悪の場合、誤って食べ物が気管に入ってしまったことで「誤嚥性肺炎」を引き起こすこともあり得ます。

そして、主な高齢者は若い頃に比べて食欲が低下するため、柔らかいものなど簡単に食べられるものばかりを食べてしまったり、そもそもの食べる量が少なくなったりして体の中に栄養が行き届いていない状態になっていることがあります。


「あまり食欲がない」「食べにくい」と感じることが増えると、美味しいものを食べたいという考えがなくなり簡単に食事を済ませてしまうことが多くなります。そんな時でも、出来るだけ食品をプラスして、少しの量でもバランスよく栄養を摂取できる食事を常に意識すると良いでしょう。お腹が空いたとあまり感じられないとき、おかゆに頼ってしまっていませんか?ごはんに比べるとおかゆは水分が多いので、茶碗一杯分のエネルギーは、ごはんと比べてなんと半分以下しかありません。ですからただおかゆを食べるだけではだめで、それ以外に栄養のあるものを加えるようにして、エネルギーと栄養をプラスしましょう。

体力と抵抗力を保つためにエネルギーを、元気に動ける骨格筋を保つために質の良いタンパク質を摂ることを心がけましょう。
そこで良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材としておすすめできるのが卵と豆腐ですので、一般的によく知られる肉や魚が食べられない方は、たんぱく質を摂るために、卵や豆腐を食べることをおすすめします。
たんぱく質を摂るためによく知られている肉や魚には、卵や豆腐とはまた違う栄養素、例えばアミノ酸やビタミン・ミネラルの種類が豊富なので、毎日食べる食品の種類が多ければ多いほど、年齢を重ねても衰えることなく、その上より長く人生を謳歌できるといいます。完成された料理をそのままペースト状にして出すことが病院では一般的で、当然美味しそうには見えず、味もあまりよくありませんでした。
高齢の患者さんの食事があまり芳しくなかったのは噛めないからではなく、ほとんどが見た目や味の問題が原因なので、家庭で用意するときは料理を丸ごとペースト状にするような食事は出さないと決めました。入院先の病院で摂食嚥下障害に関して特に詳しい看護師さんに自宅での介護食の用意の仕方について質問してみたら、どんなものでも柔らかくすれば食べられると教えてもらいました。



介護食を小分けにして冷凍保存しておけばその都度用意する必要がなくなると気づきました。
食べる機能は加齢や疾患によって低下します。


食べる力が衰えてしまった方のために介護食は提供されていますが、食べる力は人によって異なります。安全で安心して食事をするための目安の指標として介護食は全ての方に合わせてレベルが分けられています。嚥下食ピラミッドは食べ物を口に入れてから飲む込むまでの難しさの程度によってわかりやすく普通食から嚥下食まで6つに分け、それぞれの段階に合わせて食物の形や、やわらかさを統一することで、家庭でも病院や施設と同じように安全に食事を行うために非常に役立つ目安です。



枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 介護食宅配サービスの口コミ人気ランキング All rights reserved.