介護食は美味しく安全に食べられるかが大切 || 歳を取ることでみられる顔まわりの筋肉の衰えや歯がもろくなってしまうことにより、飲

介護食宅配についての詳細情報が欲しいのなら、介護食宅配に関してご紹介している当サイトを見てみると良いですよ!あなたが知らなかった介護食宅配の情報を、どんなウェブページよりも簡単に閲覧することができます。

介護食宅配サービスの口コミ人気ランキング

↑ページの先頭へ
枠上

介護食は美味しく安全に食べられるかが大切

歳を取ることでみられる顔まわりの筋肉の衰えや歯がもろくなってしまうことにより、飲み込んだり噛んだりする力も衰えてきます。


以前食べていたものをうまく食べることができず、飲み込むときに喉につかえてしまうことが多くなり、最悪の場合、誤って食べ物が気管に入ってしまったことで「誤嚥性肺炎」を引き起こすこともあり得ます。他には、ほとんどのお年寄りは食べることに対する興味が若い頃に比べてなくなるため、やわらかい食材など食べられる物が限られたり、あまり多くの量を食べなくなり健康的とはいえない状態になってしまっていることがあります。


一般的に病院食といえば完成された料理をそのまま流動食にしたものが主で、当然美味しそうには見えず、味もあまりよくありませんでした。

入院している高齢者の方の食があまり芳しくなかったのは噛めないからではなく、ほとんどが見た目や味の問題が原因なので、家では完成品を丸ごとミキサーにかけるものは絶対に出さないと決めました。

入院先の病院で摂食嚥下障害に関して特に詳しい看護師さんに自宅での介護食の用意の仕方について質問してみたら、柔らかいものであれば何でも好きなものを食べても良いと言われました。三食を小分けにして冷凍庫で保存しておくと用意に時間がかからなくなります。食事を純粋に楽しめなくなってしまうと、献立を考える楽しさも減り、どれだけ簡単に食事をすませられるかばかり考えてしまいます。

そうした場合は、手間のかからない食べ物を加えるなど、少量でも効率よく栄養が摂れるように工夫してみましょう。

食欲がないとき、「おかゆを食べていればだいじょうぶ」と思っていませんか?おかゆはごはんより多くの水で作られているので、1杯のエネルギーはごはんの半分以下。
ですからただおかゆを食べるだけではだめで、それ以外に栄養のあるものを加えるようにして、エネルギーと栄養をプラスしましょう。



加齢や怪我そして病気などによって、固いものがうまく食べられない、うまく水分を飲み込めないという類の悩みが増えてきます。

どんなに食事への不安があるとしても楽しく食事ができるように、介護用の食品には、どれだけ食べやすいかに焦点を当てた商品や、少ない量で十分な栄養が取れる商品などが用意されています。
介護をする方にとって、安心して食べられる食事を用意することは簡単なことではありません。介護用食品によって、ひと息つく時間が生まれたり、何を作るか頭を悩ませる必要もなくなります。介護をする側もされる側も、どちらにとってもありがたい介護食品をぜひ使ってみてはいかがでしょうか。ここ最近、高齢者の間で問題視されているフレイルという状態をご存知でしょうか。



フレイルというのはつまり、体重減少、疲労感の強さ、筋力の低下などの特徴が見受けられ、このままでは要介護の状態になる可能性が高い状態をいいます。

このフレイルという状態から、筋力が衰えてしまう「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉などの衰えが原因となって歩くことや座ったりなどの日々の生活がままならなくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、さらには寝たきりの状態に繋がってしまいます。これら全ての原因となっているのが栄養不足なのです。
怪我や病気に負けない体を作るためにカロリーを、関節周りの筋肉量を維持するために質の良いタンパク質を摂ることを心がけましょう。卵や豆腐は消化のよい良質なたんぱく質なので、肉や魚が食べにくい人は、卵や豆腐で代わりに補うことができます。
肉や魚には、卵や豆腐とは異なる栄養素、例えばアミノ酸やビタミン・ミネラルの種類が豊富なので、毎日摂る食品の種類が多い人ほど高齢になっても活動能力が高く、長生きできるそうです。

介護食も普通食に対してと同様に、美味しそうな見た目のものが好まれます。どれだけ無理なく食べられるかにとらわれ過ぎて、食事本来の楽しみである見た目や味に魅力が感じられないと、食に対する意欲が薄れてしまいます。
うまく噛めない方でも口にしやすいか、喉を通りやすいかなど安心して食べられるように考えられています。
年齢とともに唾液も作られにくくなるため、食べた時に口の中がからからになってしまうようなものは食べにくいです。
一方で水分が多すぎても、むせこみやすくなってしまうので、食べやすい食材を使用し、食べやすい形状に加工します。
食べる機能は加齢や疾患によって低下します。

介護食は食べる機能が低下した方に提供する食事ですが、食べる力は人によって異なります。

安心してごはんが食べられるような手掛かりとして介護食のレベルがあります。嚥下食ピラミッドは食べ物を口に入れてから飲む込むまでの難しさの程度によって異なる6つの度合いで普通食から嚥下食に分け、どの段階の方でも美味しく食事ができるように、食物のやわらかさなどを統一することで、外に出ることが困難な方でもご家庭で問題なく食事を行うためにとても役立つ指標です。
口にしやすい介護食を作るため、そして介護する側も介護食を作る負担を軽減するためにも、それ専用の調理器具は必要不可欠です。
介護食の特徴を挙げるとすれば、柔らかさ、なめらかな状態、噛みやすいサイズです。


たとえ水が少なくてもフードプロセッサーを使えば食材を刻んだり、さらに細かくペースト状にしたりなど、簡単に調理ができるようになります。
それ以外にもマッシャーやすり鉢を使用してより食べやすい形にすることもできます。
それでもなめらかさが足りないときは、裏ごし器を使うと粒粒感がなくなります。老人ホームの食事は栄養士が栄養管理した献立を作り、それの通りに調理された料理を提供していますが、うまく嚥下や咀嚼ができない方の場合は、どの形状の料理が最適かを考慮して調理しなければなりません。
場所によっては、ミキサーなどの器具を使って作られた流動食ではなく、料理の見栄えを大事にしつつすごく簡単に舌を使って食べられる「ソフト食があり、たとえ飲み込みや噛む機能が低下したかたでも、食事を味わえる調理方法を教えてくれる老人ホームもあります。



枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 介護食宅配サービスの口コミ人気ランキング All rights reserved.