介護食は食事が思うようにできない方のための食事 || 年齢の変化や病気によって食べる機能は低下します。 介護食は食事が思うよ

介護食宅配についての詳細情報が欲しいのなら、介護食宅配に関してご紹介している当サイトを見てみると良いですよ!あなたが知らなかった介護食宅配の情報を、どんなウェブページよりも簡単に閲覧することができます。

介護食宅配サービスの口コミ人気ランキング

↑ページの先頭へ
枠上

介護食は食事が思うようにできない方のための食事

年齢の変化や病気によって食べる機能は低下します。


介護食は食事が思うようにできない方のための食事ですが、ひとりひとり機能の程度は違います。



問題なく食事が行える目標の基準として介護食は程度によって分けられています。

どの程度食べる動作が困難かによって嚥下食ピラミッドをわかりやすく普通食から嚥下食まで6つに分け、食べる力がどの程度かに合わせて、食物の形や柔らかさなどを同じにすることで病院や施設と同じように家庭でも安全に食事を行うために非常に役立つ目安です。


病院食は完成品を丸ごとミキサーにかけた流動食が中心で、美味しさもその見た目もあまり良いものではありませんでした。



入院中のお年寄りのごはんがあまり芳しくなかったのは噛めないからではなく、食欲をそそるような見た目・味ではなかったことによるものなので、家庭で用意するときは料理を丸ごとペースト状にするような食事は作らないと決意しました。



病院で摂食嚥下障害を専門に診ている看護師さん自宅に戻ってからどのような介護食を用意すれば良いかと伺ったら、『柔らかければ何でもいいですよ』とだけ言われました。
毎食ごとに小分け冷凍しておくと便利だと気づいたんです。


年齢とともに、また病気や怪我などによって固いものが食べづらい、うまく水分を飲み込めないという類の悩みが増えてきます。介護用食品はどれだけ歳を取っても食事を楽しめるために、食べやすさを第一に考えて作られた商品や、少ない量で十分な栄養が取れる商品などが用意されています。


介護をする方にとって、安心して食べられる食事を用意することは簡単なことではありません。介護のための食品は、心休まる瞬間を作る手助けになったり、献立の悩みを解消できたりします。介護を受ける方も、介護をする方も、どちらにも嬉しい介護食品を活用してみてください。
老人ホームの食事は栄養士が栄養管理した献立を作り、それを元に調理師が調理したものを出していますが、もし噛んだり飲んだりすることが難しい方に対しては、その状態に合わせて調理されたものものが必須です。


老人ホームによっては、もとからなめらかになっている食事ではなく、見た目は普通食のようですが簡単に舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、どんなに噛んだり飲んだりする動作が難しい方でも、美味しく食べられる調理法を老人ホームによっては提供しています。介護食の見た目は、食べたいという気持ちを出すためにとても重要なことです。
飲み込みやすさや食べやすさを重視しすぎて、味はもちろんのこと見た目が悪くても、食欲は失われてしまいます。


食べる動作に無理は生じないか、喉を通りやすいかなどの安全性や食べやすさについて慎重に考えられています。

高齢者は唾液の分泌量が低下するため、口に食べ物を運んだ時、水分を吸収してしまう食べ物は食べにくいです。



とはいえ水分が多く含まれていると、むせてしまう可能性が高くなるので、食べやすい材料を使って、食べやすい形に作り変えます。


最近、高齢者ではフレイル(虚弱)という概念が注目されています。フレイルとは昔に比べて思うように体を動かせなくなったり体重が落ちてしまったりなどと、何も手を打たないままだと要介護の状態になる可能性が高い状態をいいます。



そしてフレイルの状態は、「サルコペニア」といわれる筋肉量の低下や、骨や関節・筋肉の機能が低下することによって歩くことや日常の生活を送る上で大変な問題を起こす「ロコモティブシンドローム」、そしてさらには起き上がるのも厳しい状態に繋がってしまいます。

そしてこの負の連鎖をを引き起こしているのが栄養不足なのです。

食事を純粋に楽しめなくなってしまうと、どうしても簡単なメニューですませてしまいがちに。



そういった場合は、今ある食材をプラスするなど、少量でも効率よく栄養が摂れるように工夫してみましょう。
食欲がないとき、おかゆに頼ってしまっていませんか?おかゆはごはんより多くの水で作られているので、そのエネルギーは、たとえごはんと同量だとしてもその半分にも満たないのです。もしもおかゆを食べるのであれば、他にもいくつか栄養のある食材を食べることで、足りないエネルギーと栄養を補っていきましょう。体力、そして抵抗力のなさを感じない体を保つためにエネルギーを、いつまでも体を不自由なく動かせるように良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材を食べるようにしましょう。

質の良いタンパク質の例として卵や豆腐が挙げられるので、もし肉や魚を食べることが難しい方は、卵や豆腐で代わりに補うことができます。そして肉や魚から摂取できる動物性たんぱく質にはアミノ酸やビタミン・ミネラルなどが含まれており、多くの食材を毎日取っている人はそうでない人と比べて歳を取っても活発に活動ができ、いつまでも健康でいられるそうです。
介護食は食べやすい状態にすることはもちろん、介護する側も介護食を作る負担を軽減するためにも、調理器具を使うことをおすすめします。
介護食にみられる大事な点は、やわらかさ、口に入れたときに困難なく噛める大きさ、そして食感です。フードプロセッサーは少量の水で食材を細かく刻んだり、ペーストにするなど形状に合わせて使用できるので便利です。

その他にもマッシャーやすり鉢を使って食べにくいものを調理することも可能です。
よりなめらかな方が好ましい場合には、裏ごし器使うことによってそれは解消されます。歳を重ねるにつれて頬がたるんできたり歯が弱くなると、飲み込んだり噛んだりする力も衰えてきます。
若い頃平気で食べていたものを思ったように食べることが困難になり、よく飲み込んだときにむせてしまい、最悪の場合、誤って食べ物が気管に入ってしまったことで「誤嚥性肺炎」を引き起こすこともあり得ます。
その他お年寄りにみられる特徴として、若い頃よりも食欲がなくなるため、柔らかいものなど簡単に食べられるものばかりを食べてしまったり、一度に沢山の量を食べられなくなり体の中に栄養が行き届いていない状態になっていることがあります。

枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 介護食宅配サービスの口コミ人気ランキング All rights reserved.