高齢者の食事は、弱まる嚥下機能に合わせながら調整することが必要 || 歳を取ることでみられる顔まわりの筋肉の衰えや歯がもろくなってしまうことにより、も

介護食宅配についての詳細情報が欲しいのなら、介護食宅配に関してご紹介している当サイトを見てみると良いですよ!あなたが知らなかった介護食宅配の情報を、どんなウェブページよりも簡単に閲覧することができます。

介護食宅配サービスの口コミ人気ランキング

↑ページの先頭へ
枠上

高齢者の食事は、弱まる嚥下機能に合わせながら調整することが必要

歳を取ることでみられる顔まわりの筋肉の衰えや歯がもろくなってしまうことにより、ものを噛んだり飲んだりする力がなくなっていきます。これまでと同じ食べ物をうまく食べることができず、飲み込むときに喉につかえてしまうことが多くなり、誤って食べ物が気管に入り「誤嚥性肺炎」を引き起こす可能性があります。
その他お年寄りにみられる特徴として、若い頃よりも食欲がなくなるため、あまり困難なく食べられるものに絞って食べてしまいがちになり、一度に沢山の量を食べられなくなり栄養不足になっていることがあります。
年齢を感じさせない体力と健康を維持するためにカロリーを、 関節周りの筋肉量を維持するために質のよいタンパク質の多く含まれているものを積極的に摂るようにしましょう。そこで良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材としておすすめできるのが卵と豆腐ですので、もし肉や魚を食べることが難しい方は、卵や豆腐で代わりに補うことができます。

また肉や魚にも卵や豆腐とは異なるアミノ酸やビタミン・ミネラルなどが含まれており、毎日摂る食品の種類が多い人ほど高齢になっても活動能力が高く、その上より長く人生を謳歌できるといいます。高齢者のための施設での食事は栄養士が必要な栄養素を考慮したメニューを作り、それを元に調理師が調理したものを出していますが、うまく嚥下や咀嚼ができない方の場合は、それぞれに合わせて調理することが大事です。

老人ホームによっては、きざみ食・ミキサー食のように流動的なものではなく、料理の見栄えを大事にしつつすごく簡単に舌を使って食べられる「ソフト食があり、思うように噛んだり飲んだりすることが困難な方でも、味わって食べられる作り方を助言してくれる介護施設もあります。口にしやすい介護食を作るため、そして介護する側も食事を用意する負担を減らすためにも、調理器具があると便利です。


介護食においてとても重要なポイントは、やわらかさ、なめらかな状態、噛みやすいサイズです。フードプロセッサーは少ない水の量で食材を細かく切ったり、ペーストにするなど形状に合わせて使用できるので便利です。
そしてマッシャーやすり鉢を使えば食材を潰して食べやすくすることもできます。そしてさらに口当たりを良くしたいときには、裏ごし器使うことによってそれは解消されます。病院食に見られる特徴は、料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、美味しさもその見た目もあまり良いものではありませんでした。

入院中のお年寄りのごはんがあまり好ましい状況でなかったのは決して噛めないことが原因なわけではなく、その原因のほとんどが見た目の悪さや味の悪さなので、家で食事を用意する際は病院食と同じ類のものは絶対に出さないつもりです。入院先の病院で摂食嚥下障害に関して特に詳しい看護師さんに自宅での介護食の用意の仕方について質問してみたら、噛んだり飲み込んだりするのに負担のかからないものであれば何でもいいと教えてもらいました。

少しずつ分けて冷凍保存しておけば、忙しいときでもすぐに食事の用意ができることに気づきました。
近頃では、お年寄りのフレイル(虚弱)状態が問題視されています。
フレイルというのはつまり、体重減少、疲労感の強さ、筋力の低下などの特徴が見受けられ、何も手を打たないままだと要介護の状態になる可能性が高い状態をいいます。そしてフレイルの状態は、「サルコペニア」といわれる筋肉量の低下や、骨、関節そして筋肉の障害により歩くことや日常生活に支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、最悪の場合起き上がることさえ困難な状態に繋がってしまいます。

そしてこの負の連鎖をを引き起こしているのが栄養不足なのです。加齢や怪我そして病気などによって、固いものがうまく食べられない、水気の多いものが飲み込みづらいといった問題に直面します。



どんな状況においても楽しく食事ができるように介護用食品は、いかに食べやすいかを重要視した商品や、少量で栄養を補給できる商品などがあります。家庭で介護食を用意するのはとても大変です。

介護のための食品は、心休まる瞬間を作る手助けになったり、献立についての日々の悩みを少し軽くできるでしょう。
介護を受ける方も、介護をする方も、どちらも幸せになれる介護食品をぜひ使ってみてください。



食べることに楽しさが見出せず食べにくさばかりを考えてしまうと、必然と用意するものも簡単なものになってしまうでしょう。
そうした場合は、手間のかからない食べ物を加えるなど、少量でも効率よく栄養が摂れるように工夫してみましょう。食欲がないとき、おかゆだけを口にして終わらせてしまってはいないでしょうか。おかゆを作る工程で使われる水の量はごはんよりも多いため、茶碗一杯分のエネルギーは、ごはんと比べてなんと半分以下しかありません。

おかゆを食べるなら、ほかの食材を加える工夫でエネルギーと栄養をプラスしましょう。

年齢の変化や病気によってそれまでのように食事ができなくなります。食事が思うようにできない方のために介護食がありますが、ひとりひとり食べる力は変わってきます。問題なく食事をするための目安として介護食は程度によって分けられています。嚥下食ピラミッドは食べ物を口に入れてから飲む込むまでの難しさの程度によって普通食から嚥下食までが6つの程度に分け、それぞれの段階に合わせて食物の形や、やわらかさを統一することで、病院や施設と同じように家庭でも安全な食事を用意するために、とてもわかりやすく使いやすい指標です。

介護食の見た目で食欲が出るか、なくなるかは変わってきます。食事のし易さに重きを置きすぎて、味はもちろんのこと見た目が悪くても、食欲は失われてしまいます。
うまく噛めない方でも口にしやすいか、飲み込みやすいかなど安全に食べられるように配慮します。年齢とともに口の中で作られる唾液の量は減ってくるため、口に含んだときに、口の中が乾いてしまうようなものは食べづらいです。



逆に水分が多くても、むせ込みの原因にもなるので、食べやすい具材を使用して、食事に負担のない形状に作り変えます。

枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 介護食宅配サービスの口コミ人気ランキング All rights reserved.