介護食を無理に食べさせることは逆効果 || 老人ホームの食事は栄養士が栄養バランスを考えた献立を考え、調理師が調理したお料理

介護食宅配についての詳細情報が欲しいのなら、介護食宅配に関してご紹介している当サイトを見てみると良いですよ!あなたが知らなかった介護食宅配の情報を、どんなウェブページよりも簡単に閲覧することができます。

介護食宅配サービスの口コミ人気ランキング

↑ページの先頭へ
枠上

介護食を無理に食べさせることは逆効果

老人ホームによりますが、どの料理も見た目にさほど差のないペースト状の食事ではなく、見た目は普通食のようですが簡単に舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、うまく噛むことや飲むことができない方でも、どれだけ食べ物を味わって食べられるかに焦点を当てた調理法を教えてくれる老人ホームもあります。介護食は食べやすい形にすることがとても大事ですが、また、出来るだけ食事を用意しやすくするためにも、それ専用の調理器具は必要不可欠です。介護食にみられる大事な点は、やわらかさ、口に入れたときに困難なく噛める大きさ、そして食感です。フードプロセッサーは水分が少量でも食材を刻む、さらに細かくペースト状にしたりなど、簡単に調理ができるようになります。
その他にもマッシャーやすり鉢を使って食べにくいものを調理することも可能です。
さらになめらかさが必要な場合には、裏ごし器を使ってより舌触りをよくすることをおすすめします。


食べることが苦痛に感じられるようになってしまうと、献立を考える楽しさも減り、どれだけ簡単に食事をすませられるかばかり考えてしまいます。
そうした場合は、手間のかからない食べ物を加えるなど、たくさん食べることが難しくても、どの食材を加えれば効率よく栄養がとれるのか考えるということを忘れないようにしましょう。あまり気分が乗らないとき、おかゆに頼ってしまっていませんか?おかゆを作る工程で使われる水の量はごはんよりも多いため、一杯くらいでは、同量のごはんを食べた時のエネルギーには到底及びません。おかゆを食べるなら、ほかの食材を加える工夫でエネルギーと栄養をプラスしましょう。



介護食の見た目は、食べたいという気持ちを出すためにとても重要なことです。飲み込みやすさや食べやすさばかりを考えて、見た目も悪く、味もあまり良くないものだと、食べたいという気持ちがなくなってしまいます。食べる動作に無理は生じないか、喉を通りやすいかなど安心して食べられるように考えられています。



高齢者は唾液が分泌されにくくなるため、口に入れたときに、水分を吸収してしまうような食べ物は食べるのが大変です。


そうは言ってもむせ込みの原因として水分の多さも挙げられるので、食べやすい具材を使用して、食事に負担のない形状に作り変えます。


ここ最近、高齢者の間で問題視されているフレイルという状態をご存知でしょうか。フレイルとは、体重の減少・疲れやすさ・歩く速さや筋力の低下などがみられ、このまま悪くなり続けると介護が必要になってしまう恐れが十分にある状態のことです。
このフレイルという状態から、筋力が衰えてしまう「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉の障害により歩くことや座ったりなどの日常生活が難しくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、さらには寝たきりの状態になってしまう可能性が高いといいます。
これら全ての原因となっているのが栄養不足なのです。一般的に病院食といえば完成された料理をそのまま流動食にしたものが主で、美味しさもその見た目もあまり良いものではありませんでした。入院している高齢者の方の食がスムーズに行かなかったのは咀嚼が困難なためではなく、ほとんどが見た目や味の問題が原因なので、家では完成品を丸ごとミキサーにかけるごはんは出さないと心に誓いました。
病院で摂食嚥下障害看護認定の看護師さんに退院後の介護食の助言を求めたら、噛んだり飲み込んだりするのに負担のかからないものであれば何でもいいと教えてもらいました。

毎食ごとに小分け冷凍しておくと便利だと気づいたんです。



体力、そして抵抗力のなさを感じない体を保つためにエネルギーを、元気に動ける骨格筋を保つために質のよいタンパク質の多く含まれているものを積極的に摂るようにしましょう。例えば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多く含まれている食材なので、肉や魚が苦手な人は、その代わりに卵や豆腐を食べることでタンパク質を十分に摂取することができます。卵や豆腐とはまた違って、肉や魚などの動物性たんぱく質にはさまざまなアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが入っているため、毎日摂る食品の種類が多い人ほど高齢になっても活動能力が高く、長生きできるそうです。
年齢とともに、また病気や怪我などによって固いものが食べづらい、うまく水分を飲み込めないという類の悩みが増えてきます。
どんな状況においても楽しく食事ができるように介護用食品は、食べやすさに配慮した商品や、少ない量で十分な栄養が取れる商品などが用意されています。介護をする方にとって、安心して食べられる食事を用意することは簡単なことではありません。

介護用食品で、毎日にゆとりが生まれたり、献立の悩みを解消できたりします。介護を受ける側も、手助けをする側も、どちらも幸せになれる介護食品をぜひ使ってみてください。


加齢や疾患によって食べる力は落ちてしまいます。

食べる力が衰えてしまった方のために介護食は提供されていますが、人それぞれ機能の程度は異なります。

不安がなく食事をするための目標の手掛かりとして介護食は全ての方に合わせてレベルが分けられています。食べる動作の難しさの度合いによって嚥下食ピラミッドを普通食から嚥下食まで異なる6つのレベルに分け、各段階に合わせてそれぞれ食物の形や柔らかさなどを統一することで、外に出ることが困難な方でもご家庭で安全な食事を用意するために、とてもわかりやすく使いやすい指標です。歳を重ねるにつれて頬がたるんできたり歯が弱くなると、飲み込んだり噛むことも満足にできなくなっていきます。今まで何の問題もなく食べていたものをうまく食べることができず、よく飲み込んだときにむせてしまい、食べ物が気管に入って「誤嚥性肺炎」を引き起こすおそれもあります。
他には、ほとんどのお年寄りは食べることに対する興味が若い頃に比べてなくなるため、やわらかい食材など食べられる物が限られたり、一度に沢山の量を食べられなくなり栄養が偏った状態になっている恐れがあります。


枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 介護食宅配サービスの口コミ人気ランキング All rights reserved.